TOP > 感染制御・検査診断学 > 教室員紹介

感染制御・検査診断学

教室員紹介

プロフィール

氏名助教 林 宏典
出身大学京都大学工学部 (学士)
京都大学大学院エネルギー科学研究科 (修士)
熊本大学大学院医学教育部 (博士)
出身地兵庫県
専門分野ウイルス学
分子生物学
構造生物学
所属学会日本エイズ学会
抗ウイルス療法学会
専門医など 
受賞歴本エイズ学会ECC 山口メモリアルエイズ研究奨励賞 (平成28年)
第26回抗ウイルス療法学会学術集会塩田賞 (平成28年)
熊本大学学長賞(平成26年)
第14回白馬シンポジウムベストポスター賞(平成24年)
米国NIH/NCIへ短期留学 (平成23年9月~12月)
日本学術振興会特別研究員 (平成21年)
日本化学会第88 回春季年会学生講演賞(平成20年)

研究テーマ

 

研究内容

 【抗ウイルス薬の開発】
ウイルス由来のタンパク質の結晶構造解析を行うなど薬の標的となるタンパク質の構造を基にした薬剤開発 (分子標的薬の開発)や薬の作用機序を明らかにする研究を行っています。これまでは、ヒト免疫不全ウイルスI型 (HIV-1) 由来のプロテアーゼやB型肝炎ウイルス (HBV) 由来のポリメラーゼを標的とした薬剤開発に関する研究に携わって参りました。(参考文献: DOI:10.1073/pnas.1400027111; DOI:10.1128/JVI.01829-15; DOI: 10.7554/eLife.28020etc.)