TOP > 感染制御・検査診断学 > 教授紹介

感染制御・検査診断学

教授紹介

プロフィール

賀来 満夫
氏名教授 賀来 満夫
出身大学長崎大学医学部
出身地大分県
専門分野感染症学、感染制御学、臨床微生物学
所属学会、
専門医等
日本内科学会、日本環境感染学会、日本感染症学会、日本化学療法学会、日本臨床微生物学会、日本バイオセキュリティー学会、日本マイコプラズマ学会、 内科認定医、感染症専門医・指導医、インフェクションコントロールドクター、抗菌薬臨床試験指導者、臨床検査専門医
その他WHO専門家

研究テーマ

感染症危機管理システム(研究・教育・診療)および地域ネットワークの構築

研究内容

 感染症の問題は医療関連施設にとどまらず、広く地域社会全体の危機(クライシス)と認識されるようになってきており、感染症に対する危機管理体制の構築が不可欠な状況となっている。このため、感染症・感染制御における基礎的臨床的研究の推進、ならびに、従来の感染症学に加え、感染制御学、感染症疫学、臨床微生物学などを包含する感染症危機管理対応人材養成プログラムを開発・導入し、感染症危機に対応できうる人材の継続的な養成に努め、大学の教育機能の更なる充実をはかるとともに、地域ネットワークを構築し、地域医療機関において危機管理・診療支援対応を実践し、生涯教育の充実とも併せ、我が国における感染症危機管理のモデル化を目指す(概略図)。
感染症危機管理システムおよび地域ネットワークの構築