TOP > 感染制御・検査診断学 > 活動紹介 > 研究・業績

感染制御・検査診断学

活動紹介

業 績

  • 2009年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年

感染制御・検査診断学分野業績集

2015年


英文原著

 

Ozawa D, Yano H, Endo S, Hidaka H, Kakuta R, Okitsu N, Kanamori H, Ogawa M, Ichimura S, Shimojima M, Inomata S, Kaku M, and Katori Y: Impact of the 7-valent pneumococcal conjugate vaccine on acute otitis media in Japanese children: Emergence of serotype 15A multi-drug resistant Streptococcus pneumoniae in middle ear fluid isolates. Pediatr Infect Dis J. 34:e217-21, 2015


Oshima K, Yokouchi H, Minemura H, Saito J, Tanino Y, Munakata M:Pulmonary Infection Caused by Mycobacterium shinjukuense. Ann Am Thorac Soc 12: 958-9, 2015


総説

具芳明、賀来満夫:シリーズ「結核」第6回、「宮城県結核医療地域ネットワーク会議」のご紹介.宮城県医師会報 2015年4月号(No.831),p246


具芳明:シリーズ「結核」第7回、結核とはどのような病気なのか.宮城県医師会報 2015年5月号(No.832),p326


具芳明:シリーズ「結核」第8回、肺結核を疑ったときの診断の進め方.宮城県医師会報 2015年6月号(No.833),p423


具芳明:シリーズ「結核」第9回、肺結核と診断したら、その先の対応は?宮城県医師会報 2015年7月号(No.834),p534


具芳明:シリーズ「結核」第10回、肺結核の治療はどう行うのか?宮城県医師会報 2015年8月号(No.835),p638


具芳明:シリーズ「結核」第11回、肺結核の院内・施設内感染対策はどうするのか?宮城県医師会報 2015年9月号(No.836),p745


具芳明:シリーズ「結核」第12回、肺外結核の対応は?宮城県医師会報 2015年10月号(No.837),p816


具芳明:シリーズ「結核」第13回、潜在性結核感染症のマネジメント.宮城県医師会報 2015年11月号(No.837),p902


具芳明:人獣共通感染症の最近の話題.宮城県獣医師会会報 68(3): 138-144, 2015


具芳明:耐性菌対策としての抗菌薬適正使用.ドクターサロン 59(9): 701-704, 2015


具芳明:マップをつくる.INFECTION CONTROL 24(8): 781-784, 2015


具芳明、賀来満夫:耐性菌、抗菌薬の使用方法.WOC Nursing 3(9): 80-87, 2015


工藤大介、久志本成樹、具芳明:海外救急搬送.救急医学 39(10), 1341-1346,2015


具芳明:血液培養:すべての重症敗血症症例では抗菌薬投与開始前に血液培養を行う.救急・集中医療 27(11・12), 851-857, 2015


吉田眞紀子:「ノロウイルス・インフルエンザウイルスの感染症シーズンに備える」、インフェクションコントロール24(11)2015,


吉田眞紀子:SHEA Spring 2015 参加レポート、インフェクションコントロール24(10)2015


吉田眞紀子:市販薬と病院の薬の違いは?、チャイルドヘルス、2015


吉田眞紀子:ICTレベルアップ特集「記述疫学をマスターしよう」執筆、編集、インフェクションコントロール24(8)2015, 772-773


吉田眞紀子:疫学の観点から取り組む院内感染予防と地域連携活動(取材)、カーライル20(5)2015, 4-6


吉田眞紀子:手指衛生消毒薬を取り巻くエビデンス、感染対策ICTジャーナル、10(1)2015



吉田眞紀子:疫学を感染予防の共通言語に、対談、医学界新聞、2015年10月19日


学術書

青木眞(執筆)、具芳明(執筆協力者代表):レジデントのための感染症診療マニュアル第3版.医学書院、2015


具芳明:FETP、家族内感染、隔離・逆隔離、感染経路、国際保健規則、積極的疫学調査、日和見感染症、無菌室療法.南山堂医学大辞典 第20版、南山堂、2015


具芳明:疫学研究に役立つ調査の手法、報告書の書き方・プレゼンテーションのまとめ方.谷口清洲(監修)、吉田眞紀子、堀成美(編集)、感染症疫学ハンドブック、医学書院 、134-143, 144-159; 2015


吉田眞紀子:点滴の管理、「小児感染対策マニュアル」分担執筆、日本小児総合医療施設協議会、じほう、2015年


吉田眞紀子:「感染症疫学ハンドブック」編集・分担執筆、医学書院、2015年


吉田眞紀子:「実用薬学英語」分担執筆、日本薬学会編、東京化学同人、2015年


国際学会

Baba H, Asada N, MIyaji N, Morimura T, Shiseki T, Aoyagi J, Hori N, Sato Y: Acute renal failure by unilateral *Candida* fungus ball in a neonate with cloaca. The 11th Asian Society for Pediatric Research, 16 April 2015, Osaka, Japan


Y. Gu, M. Yoshida, K. Nakashima, M. Hatta, T. Aoyagi, S. Endo, K. Oshima, M. Kaku: Internet survey on experience of and attitude toward online shopping for antimicrobials in Japan. 25th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, 25 – 28 April 2015, Copenhagen, Denmark


Makiko Yoshida, Naoko Furuya, Sandra Y Moody, Naoto Hosokawa, and Mitsuo Kaku,, Attitudes Toward and Compliance with Infection Control Policies and Cough Etiquette Among Healthcare Workers During the Influenza Season, SHEA Spring Conference 2015, Florida, US