TOP > 検査部 > 各検査部門のご紹介

検査部

検査部

各検査部門のご紹介

遺伝子検査室
遺伝子検査室では、血液疾患と微生物に関連する遺伝子検査を行っています。血液疾患では、患者さんの血液からDNAなど核酸を抽出し、造血器腫瘍の疾患特有の遺伝子があるか検査します。
微生物関連では、移植患者さんを対象として、血液中のウイルス遺伝子量を検査しています。また、微生物検査室で患者さんの検体から薬剤耐性菌が検出された場合に遺伝子を調べて耐性タイプを決定したり、菌の同定が困難な場合に遺伝子配列の一部を調べることで菌名を推測するなど、通常の検査とは異なる補助的な仕事もしています。
遺伝子検査は遺伝子を何十万倍にも増やし、電気泳動などで目に見える状態にしたり、増えた蛍光を機器で検出するなどして検査します。工程が長く手作業も多いため、正しい遺伝子を増やして正確な検査結果を出すための工夫や技術を多く必要とします。

<どのような検査が行われているか(※採血室は特色や一日の平均採血数など)>
・造血器腫瘍核酸増幅同定検査
・ウイルスDNA 定量PCR検査(移植患者対象)

<どんな病気と関係する検査か(※採血室は採血管の種類や採血手順など)>
・白血病
・真性多血症


クリーンベンチ

サーマルサイクラー

電気泳動像

ウイルスDNA

シーケンス