TOP > 検査部 > 各検査部門のご紹介

検査部

検査部

各検査部門のご紹介

採血室
外来C棟にある中央採血室では外来患者の検査のための採血、採尿コップの供給と翌日の入院患者の採血管出力を行っている。
採血業務は専任者4名(再雇用技師1、再雇用看護師3)と臨床検査技師32名の交替制で行っている。受付には医事課から派遣されたクラークが7:30~13:00まで在籍し患者への対応を行っている。

<採血室の特色>
採血受付時間は6:00~16:00だが、採血開始は7:30から行っている。8台の採血ブースは全て車椅子対応で、1日550人~750人の外来患者の採血を行っている。
ベッドでの採血が必要な患者にはベッド採血も行っている。
7:30からの早出採血は外来患者が特に多い火曜日は8人体制で、他の曜日は4~5人体制で行い、8:30からは8ブース全てを使い採血を行っている。 2013年1月からRFIDを用いての照合を行っている。

<採血の流れ>
採血・採尿受付は2台ある自動受付機に診察券を入れることにより行われる。採血がある場合には番号が記された採血整理券が、採尿がある場合には採尿コップが出る。採尿は専用トイレで行い、採血は整理券番号が呼ばれるまで待合室で待ってもらう。
患者確認は整理券に記されたバーコードで照合し、さらに名前等を名乗ってもらい確認する。
予め外来等から渡された追加採血管の有無、アルコール消毒の可否を聞き採血を行う。採血後の圧迫止血をお願いし採血終了となる。